福祉で使う車いす

福祉で使う車いすについて

福祉で使用する車いすの価格

福祉の現場でかかすことができないものに車いすがあります。購入方法は色々ありますが、福祉機器販売店から購入するのが一般的となっています。定価は高めに設定されていることが多いですが、実際に購入する際には割引があり、表示価格よりも安い値段で購入することができます。特に古いタイプの車いすなどは処分価格で安く購入できることがあります。最近ではネットで簡単に購入が可能であり、1万円台で多くの種類が販売されています。安いものでは1万円をきるものもあります。値段はもちろん大事ですが、一番大事なのは機能性と安全性です。安くていい商品を探すことが重要です。

車いすの方が住みやすい環境とは

高齢者や障害がある方の福祉の大切さがテレビ等でも取り上げられており、段々と環境が整えられてきてはいますがまだまだ日本は福祉の先進国とは言えない状態です。1番大切なのは車いすの方が自由に移動するために大切な段差の解消です。バリアフリーと呼ばれる場所がとても増えていますが、そこが逆に考えれば全ての道や場所がバリアフリーで車いすの方が不自由なく移動できる場所ではないという事を指します。それでも個人のお店でもスロープを付けてくれる店が増えたりと身近な問題として取り組んでくれる人が増えていますし、困っている人に自然と声をかけてあげる人が多いのも日本人らしい思いやりと言えます。

↑PAGE TOP